名称について
NPO法人 日本MITエンタープライズフォーラム(MIT-EFJ)は現在東京都に名称変更を申請中です。新しい名称は「日本MITベンチャーフォーラム」となります。よろしくお願いいたします。
理事長からのご挨拶
カテゴリー

M33セミナー今後の予定

M33セミナーの今後の予定をお知らせします。

5月17日(土) ビジネスプランとメンタリング(BPCC14説明)
6月21日(土) 「新産業・新技術ベンチャーフォーラム」 SGF参加報告、講演・パネルディスカッション
7月19日(土) テクノロジー企業のマーケティング
8月は休会
9月20日(土) プレゼンテーションテクニック
10月18日(土) アジアビジネスプランコンテスト@福岡
11月15日(土) BPCC14最終審査発表会@東京

3/15(土)定例セミナーM33:村口和孝氏!「創業ベンチャー支援は愛。花を育てるように!」

2014年3月のM33は、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)代表の村口和孝氏にご登壇いただきます。ご存知の通り、村口氏はDeNA、インフォテリアやウォーターダイレクトなどへの創業投資で成功をおさめた方。昨年5月には講談社プラスアルファ新書で『私は、こんな人になら、金を出す! 』という本を出されました。人生は紆余曲折、組織依存は20世紀の遺物、就職だけでなく多様な生き方がある、成功を目指すのは自然な愛のようなもの……と、花を育てるように慈しみながら、創業ベンチャーにエールを送り続けていらっしゃいます。ご多用の中、この度念願叶ってM33にご登壇頂く事になりました。多くの方にお話を聴いていただきたいと願っています。

本イベントはオープンです。お知り合いやご友人にもぜひご紹介ください。フライヤーは以下をダウンロードください。

http://mit-ef.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/03/MIT-EFJ20140315M33seminar.pdf

■タイトル
創業ベンチャーは、独立精神で、花を育てるように大成功!

■講師muraguchi
村口和孝(むらぐち・かずたか)氏
株式会社日本テクノロジーベンチャーパートナーズ
無限責任組合員(ジェネラルパートナー)
71年水泳で県大会優勝。
84年慶應義塾大学経済学部卒。在学中は、学生シェイクスピア劇演出家。
(株)ジャフコ入社。東京勤務、北海道ジャフコ出向を経て、94年投資本部勤務。投資先は、アインファーマシーズ(調剤薬局最大手)や、ジャパンケアサービス(介護業界日本初上場)、福原、共成レンテム、ブロッコリー(萌系)、PALTEKなど多数。在職中、通算成績で上場確率6割、年率50%以上のベンチャー投資運用利回りを達成する。
98年4月同社独立、同年7月(株)日本テクノロジーベンチャーパートナーズ設立、同年11月に堀場雅夫氏等の参画を得、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)i-1号投資事業有限責任組合を設立(有責法による日本初の組合となる)。
05年創業投資先DeNA(創業者:南場智子さん)マザーズ上場
07年6月創業投資先インフォテリアがマザーズ上場
09年12月創業投資先エイケア・システムズ売却
13年3月創業投資先ウォーターダイレクトがマザーズ上場
など、創業ベンチャー投資成功の実績多数。
青少年経済教育体験ボランティア活動にも注力。現在実施校は、品川女子学院、郁文館夢学園、慶應義塾大学、九州大学、成蹊大学など多数。
慶應義塾大学理工学部講師。慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネススクール:KBS)講師。
証券アナリスト。
常に未来を先取りし、組織を超えて、苦しみつつも、時代のフロンティアを担ってきた自負あり。
最近では、長期の未来に辛抱強く投資をする、腹の座った、独立系のベンチャーキャピタリストと言われるようになる。

■日時
2014年3月15日(土)15:00-17:00
(終了後、懇親会を予定)

■場所
霞が関ビル33Fセミナールーム(東京都千代田区)
http://www.kasumigaseki36.com/access/

■参加費
MIT-EFJ正会員 1,000円
一般(正会員以外) 3,000円

■主催
日本MITエンタープライズフォーラム(MIT-EFJ)

■協賛
宝印刷株式会社
新日本有限責任監査法人

■参加登録
Facebookをご利用のかたは https://www.facebook.com/MITEFJ/ をクリックして「イベント」を選んで参加登録をお願いします(直接のリンクは、https://www.facebook.com/events/719352288096093/ となります)。
それ以外のかたは sec@mit-ef.jp にメールで、「3月のセミナーM33希望」とお書きのうえ、お名前とご所属をご連絡ください。

【お願い】
最近、フェイスブックで参加登録をし、参加できなくなってもそのままほうっておく人が見られます。参加できなくなった場合は一言ご連絡の上、参加を解除くださいますようお願いいたします。エチケット違反であるだけでなく、MIT-EFJのM33は懇親会を含みますので、準備の都合がございます。何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

【プライバシーポリシーについて】
日本MITエンタープライズフォーラム及び協賛・会場スポンサーである新日本有限責任監査法人は、個人情報の管理をプライバシーポリシーに従い管理しております。詳細は下記をご参照ください。
MIT-EFJ:http://mit-ef.jp/contactmain/personal-infomation/
新日本:http://www.shinnihon.or.jp/misc/privacy-policy/index.html

2月21日(金)Ken Morse氏来日特別セミナー「革新か、衰退か? ゲームを変えるニューテクノロジーの実例」

MIT-EFの共同創設者でありMITのEntrepreneurship活動において数十年に渡り貢献しているKen Morse氏の講演及び技術イノベーションベンチャーによる紹介となる特別セミナーを行います。世界のイノベーションを知るチャンスですので、ぜひ皆さんお越しください。kenmorse

日時:2014年2月21日(金)18:30開場 19:00開演
会場:銀座フェニックスプラザ銀座会議室7階(松屋アネックス)
(銀座フェニックスプラザ紙パルプ会館とは別の場所です。ご注意ください)。
東京都中央区銀座3-7-10
地図は以下。
http://www.kamipa-kaikan.co.jp/ginza/html/map3.html

■参加登録
Facebookをご利用のかたは https://www.facebook.com/MITEFJ/ をクリックして「イベント」を選んで参加登録をお願いします(直接のリンクは、https://www.facebook.com/events/661306953915046/となります)。
それ以外のかたは sec@mit-ef.jp にメールで、「KenMorseセミナー希望」とお書きのうえ、お名前とご所属をご連絡ください。

プログラム
18:30 開場(MIT-J, MIT-EFJ正会員 1,000円 その他会員・一般 3,000円)
19:00 開演
19:00 – 19:30 メインレクチャー “Innovate or Die, with examples of new, game changing technologies”
「革新か、衰退か? ゲームを変えるニューテクノロジーの実例」
講師: Kenneth P. Morse
Chairman & CEO, Entrepreneurship Ventures Inc.
Co-Founder of MIT Enterprise Forum

19:30 – 19:45 ショートプレゼンテーション
“Making Machine Translation Work for Technical Documentation”
「技術文書自動翻訳の実現」
講師: Manuel Herranz, Pangeanic (www.pangeanic.com)
*講演の通訳はありません。

**ネットワーキングはございません。

メインレクチャー概要

テクノロジーのブレイクスルーはビジネスのルールを変えるだけでなく、新たなビジネスチャンスとともに既存のビジネスへの脅威ともなります。MITから派生したCambrian Innovation (http://cambrianinnovation.com/)やTerrafugia (http://www.terrafugia.com/)のような企業は、根本からビジネスのあり方を変える好例といえます。

自動車メーカーや医療機器メーカー、家電メーカーなど、ヨーロッパへの進出を模索する日系企業にとって、異なる言語への対応が非常に重要となりますが、この分野でゲームを変える戦略的テクノロジーともいえるのが機械翻訳(MT, Machine Translation)です。

保有のコンピュータシステムにしろクラウドコンピューティングにしろ、現在のコンピュータの計算能力による機械翻訳の精度はヨーロッパや米国の規制要件を満足するレベルにまで至っています。本セミナーでは、この機械翻訳技術の最前線をご紹介します。

Ken Morse 略歴

Ken currently serves as an Innovation advisor to major firms in Japan and Europe, assisting them to move quickly to embrace new, disruptive technologies.) Ken was a co-founder of six high-tech companies, together with MIT friends and classmates. Five of these ventures had successful IPOs or mergers; one was a disaster. They included 3Com Corporation, Aspen Technology, Inc., a China Trade Company, a biotech venture, and an expert systems company. Ken was either the CEO or responsible for part or all of the Sales organization in each of these new enterprises.

In 1975 Ken formed a trading advisory company under the aegis of Chase Manhattan Bank to assist U.S. technology-based companies such as IBM, General Motors, Gillette, Hughes Aircraft, Mine Safety Appliances, Waters Associates, and others to enter the China market. Ken was based in Beijing for five years during the latter half of the Cultural Revolution. Since returning to the US in 1980 when he joined in founding 3Com Corporation, he has focused on building global technology-based businesses.

Ken serves on the National Advisory Council on Innovation and Entrepreneurship (NACIE) of President Obama (Washington) which conceived and launched “Startup America” and the “JOBS Act”, which received strong bi-partisan support. Ken advises major corporations on their innovation strategies and is a member of Telefónica Disruptive Council (Madrid) and the Council on Foreign Relations (New York City). Since 2009 Ken is Visiting Professor at the ESADE Business School in Barcelona. From 2006 – 2011 Ken held the Chair in Entrepreneurship, Innovation and Competitiveness at the Delft University of Technology (TU Delft) in The Netherlands.

Ken is also a co-founder of the MIT Enterprise Forum of Japan, which was kicked off in the fall of 1999.

ショートプレゼンテーション概要

Translation is often considered a problem. It is something that gets on the way in order to get something done (a service, a product, a manual, software). However, translation is an enabler of international business. Statistics show that online shoppers are often afraid of making a purchasing decision on websites in a language different to their mother tongue. Regulations make translation compulsory in most settings (new Chinese standard GB5296 for example). The amount of data needing translation or waiting to be translated is already unmanageable. In 2009, President Obama called for “automatic, highly accurate and real-time translation between the major languages of the world — greatly lowering the barriers to international commerce and collaboration.”

Translation has been historically slow, expensive, dependent on human output. With an army of less than 45,000 qualified translators in the world, automation is more than inevitable… a business need. Innovative processes allow companies nowadays to offer not just faster publication but almost “human quality” and tap new markets (and retrieve information) weeks and months ahead of competitors. Why has VC poured millions of $ into the translation industry in the last 3 years? How can machine translation help the new, multilingual reality? Is Japan “exceptional” when it comes to machine translation?

Manuel Herranz略歴

Manuel Herranz is a mechanical engineer and a double graduate in Hispanic and English from Manchester University. After time in industry and QA Departments, he combined engineering and linguistics to start a career as a language consultant for engineering firms in the United Kingdom. This period included the delivery of engineering training courses at Ford’s Liverpool and Valencia plants, Giddings & Lewis/ThyssenKrupp in Liverpool and Rolls Royce Industrial and Marine in Southern Spain and Tierra del Fuego (Argentina), as well as spells as a voice-over artist for the BBC and Granada TV.

His consultancy firm merged with the BI Corporation of Japan in 1997 and he became a partner and technical director at the European subsidiary BI Europe in 2000. Manuel re-vamped the European brand in 2005 as Pangeanic, a language service provider (LSP) specializing in multilingual localization and publishing, specializing in the electronics, technical and engineering industries.

A firm believer in language automation, Manuel was a founding member of TAUS and TDA, data-sharing platforms where the company exchanged state-of-the-art developments with Microsoft, Adobe, Intel, Dell, McAfee among others.

Since 2007, Manuel has directed research and development for statistical and hybrid machine translation deployments with hundreds of customized engines built. Now fully committed to the spin-off PangeaMT, Manuel uses the Pangeanic experience to design the most independent, open standard implementations available and speed translation of multilingual documentation. His work has been published academically in the Association for Machine Translation in the Americas (AMTA) and the Asian Association for Machine Translation (AAMT).

Manuel is a new entry at the MIT via the Sloan School of Management 2013-14.

以上

4月19日(土)「世界標準への挑戦!薄膜熱物性の高精度測定」(定例セミナーM33)

4月のM33は、ピコサーム代表取締役社長の石川佳寿子様に、熱物性測定の最前線についてお話を伺います(当初2月に予定されていましたが雪のため中止となりました)。

2014年4月のM33セミナーは、ピコサーム代表取締役社長の石川佳寿子様に、熱物性測定の最前線についてお話を伺います。今日、半導体に代表されるさまざまな分野で、高集積化、高速化が進み、それに伴い、熱の問題がクローズアップされています。これまで測定が困難だった薄膜の熱物性測定を可能にする技術で、デバイスの性能向上、長寿命化が図られるなど、半導体業界をはじめ大きなインパクトを与えるものとなっています。新しいマーケットの開拓を推進する起業家による注目すべき最新動向ですので、ぜひ皆様お越しください。
※講演ののち、技術イノベーションのベンチャーについての質疑応答パネルディスカッションを行い、マーケティング方法などを議論します。
※本イベントはオープンですのでお知り合いやご友人にもご紹介ください。

フライヤーはこちら。
http://mit-ef.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/04/MIT-VFJ20140419M33seminar.pdf

■タイトル
世界標準への挑戦!薄膜熱物性の高精度測定

■講師 石川佳寿子(いしかわ かずこ)氏ishikawa-k

略歴:
筑波大学第一学群自然学類(現、理工学群物理学類)卒業後、NECにて人工衛星の熱制御系システムや無重力環境での実験装置の開発に従事。その後、出版社や芸術センターで企画・制作の仕事を経て、2006年に産業技術総合研究所にてベンチャー創業のタスクフォースプロジェクトを立ち上げ。2008年に株式会社ピコサームを設立、代表取締役社長に就任。
IEEE Japan Council Women in Engineering Affinity Group 会長
2013年常陽ビジネスアワード・優秀賞(ローズ賞)受賞
2013年第2回DBJ 女性新ビジネスプランコンペティション・ファイナリスト

■日時
2014年4月19日(土)15:00-17:00(終了後、懇親会を予定)

■場所
霞が関ビル33Fセミナールーム(東京都千代田区)
http://www.kasumigaseki36.com/access/

■参加費(懇親会費含む)
MIT-VFJ正会員 1,000円
一般(正会員以外) 3,000円

■主催
日本MITベンチャーフォーラム(MIT-VFJ)

■協賛
宝印刷株式会社
新日本有限責任監査法人

■参加登録
Facebookをご利用のかたは https://www.facebook.com/MITVFJ/ をクリックして「イベント」を選んで参加登録をお願いします(直接のリンクは、https://www.facebook.com/events/594066780686521/ となります)。
それ以外のかたは sec@mit-vf.jp にメールで、「4月のセミナーM33希望」とお書きのうえ、お名前とご所属をご連絡ください。

【お願い】
最近、参加登録をし、参加できなくなってもそのままほうっておく人が見られます。参加できなくなった場合は一言ご連絡の上、参加を解除くださいますようお願いいたします。エチケット違反であるだけでなく、MIT-VFJのM33は懇親会を含みますので、準備の都合がございます。何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

【プライバシーポリシーについて】
日本MITベンチャーフォーラム及び協賛・会場スポンサーである新日本有限責任監査法人は、個人情報の管理をプライバシーポリシーに従い管理しております。詳細は下記をご参照ください。
MIT-VFJ:http://mit-ef.jp/contactmain/personal-infomation/
新日本:http://www.shinnihon.or.jp/misc/privacy-policy/index.html

【名称変更のご案内】
日本MITエンタープライズフォーラムは、2014年4月に日本MITベンチャーフォーラムとなりました(名称変更申請中)。引き続きよろしくお願いいたします。

1/25(土)「100か国で学生が一斉に宇宙開発に携わるようになったら!? -宇宙開発の構造改革を仕掛ける-」(定例セミナーM33)

MIT-EFJ主催M33セミナー、2014年最初の講演は、大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)において世界中の学生に宇宙開発を促す活動を行っている川島レイ氏より、フロンティアビジネスの可能性とイノベーションの促進の事例をご紹介いただきます。長期的なビジョンと未来を創造する新しい事業を検討される上で注目すべきアプローチですので、ぜひ皆様お越しください。

本イベントはオープンですので他のかたに紹介していただいてかまいません。どうぞよろしくお願いいたします。

パンフレットダウンロードはこちら。

http://mit-ef.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/01/MIT-EFJ20140125M33seminar.pdf

■タイトル

100か国で学生が一斉に宇宙開発に携わるようになったら!?

-宇宙開発の構造改革を仕掛ける-

■講師 川島 レイ(かわしま れい)氏kawashima

略歴:

NPO法人大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)の発起人の一人として2001年より準備・立ち上げに関わり、事務局長を10年間務めた後、2011年4月より国際委員会委員長。北海道大学文学部中国文学科卒。Azusa Pacific University(米国)にてリーダーシップ研究によりMA、国際宇宙大学(フランス)にて、MSS(Master of Space Studies) 取得。著書に「上がれ!空き缶衛星」(新潮社)、「キューブサット物語」(エクスナレッジ)がある。

講演概要  ジュース缶サイズの模擬衛星「カンサット」に挑戦した大学生たちが、10cm角の人工衛星「キューブサット」を作り、本当に宇宙に打ち上げてしまったのは2003年だった。その年に、大学生の実践的宇宙工学活動を支援・促進する「大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)」がNPO法人としての活動を開始した。それから10年を経て、衛星を作って打ち上げる大学生は先進国では普通になり、新興国でも生まれようとしている。  2020年までに、100か国以上で大学生が実践的宇宙開発プロジェクトに参加できるような世界を創ろうという「VISION2020-100」は、世界中の賛同を得て、その流れをサポートする、“UNISEC-Global”の設立が宣言された。  本講演では、100か国で大学生がリアルな宇宙開発に携わるようになったら、どのような世界が開けていくのか、これまでの宇宙開発とは異なるプレイヤー、マーケット、産業構造、開発手法について、すでに顕在化しつつある具体的事例を紹介しながら、宇宙開発の構造改革の可能性について論じる。

■日時
2014年1月25日(土)15:00-17:00(終了後、懇親会を予定)
※第4土曜日となっておりますのでご注意ください。

■場所
霞が関ビル33Fセミナールーム(東京都千代田区)
http://www.kasumigaseki36.com/access/

■参加費(懇親会費含む)
MIT-EFJ正会員 1,000円
一般(正会員以外) 3,000円

■主催
日本MITエンタープライズフォーラム(MIT-EFJ)

■協賛
宝印刷株式会社
新日本有限責任監査法人

■参加登録
Facebookをご利用のかたは https://www.facebook.com/MITEFJ/ をクリックして「イベント」を選んで参加登録をお願いします(直接のリンクは、https://www.facebook.com/events/703354789697603/ となります)。
それ以外のかたは sec@mit-ef.jp にメールで、「1月のセミナーM33希望」とお書きのうえ、お名前とご所属をご連絡ください。

【お願い】
最近、参加登録をし、参加できなくなってもそのままほうっておく人が見られます。参加できなくなった場合は一言ご連絡の上、参加を解除くださいますようお願いいたします。エチケット違反であるだけでなく、MIT-EFJのM33は懇親会を含みますので、準備の都合がございます。何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

【プライバシーポリシーについて】
日本MITエンタープライズフォーラム及び協賛・会場スポンサーである新日本有限責任監査法人は、個人情報の管理をプライバシーポリシーに従い管理しております。詳細は下記をご参照ください。
MIT-EFJ:http://mit-ef.jp/contactmain/personal-infomation/
新日本:http://www.shinnihon.or.jp/misc/privacy-policy/index.html

2014年M33セミナー開催予定

2014年M33セミナー開催予定をお知らせします。

2014年1月25日(土) #第4週ですのでご注意ください。
2014年2月15日(土)
2014年3月15日(土)

1月のセミナーの内容は年明けに掲載いたします。よろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください&年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら、2013年12月26日(木)より2014年1月5日(日)まで、日本MITエンタープライズフォーラムは年末年始休業とさせていただきます。ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。

本年も大変お世話になりました。良いお年をお迎えください。

12/21(土): ユニクロ監査役 安本隆晴氏「伸びる会社をつくる起業のステップ」(定例セミナーM33)

(追加情報)講師の安本先生より、”ユニクロ監査役が書いた 伸びる会社をつくる起業の教科書”
http://www.amazon.co.jp/dp/4478024022
http://diamond.jp/category/uniqlo_kigyou
についてご紹介いただきました。参考書としてぜひお持ちいただければ幸いです。
また、当日受付で即売します。数に限りがありますので、ご希望の方はお早めに
ご来場ください。

(以下本文)
今年最後のM33セミナーは、これから起業をすることを考えているみなさん、すでに起業されているみなさんに、ユニクロ・ファーストリテイリング監査役の安本さんより講演いただきます。yasumoto

パンフレットダウンロードはこちら。

http://mit-ef.jp/wordpress/wp-content/uploads/2013/11/MIT-EFJ20131221M33seminar.pdf

■タイトル
「伸びる会社をつくる起業のステップ」

■講師 安本 隆晴(やすもと たかはる)氏

略歴:
公認会計士・税理士。株式上場準備コンサルタント。
1954年静岡県生まれ。1976年早稲田大学商学部卒業後、朝日監査法人(現・あずさ監査法人)などを経て、安本公認会計士事務所を設立。1990年(株)ファーストリテイリング(旧・小郡商事)の柳井正社長と出会い、以降、株式上場準備コンサルタント・監査役として同社の躍進を会計面から支えてきた。
現在、アスクル(株)監査役、(株)リンク・セオリー・ジャパン監査役、(株)UBIC監査役でもある。
2013年3月まで6年間にわたり中央大学専門職大学院国際会計研究科特任教授を務めた。
著書に「ユニクロ監査役が書いた 強い会社をつくる会計の教科書」「『ユニクロ』!監査役実録」「熱闘『株式公開』」(以上、ダイヤモンド社)、「火事場の『数字力』」(商業界)、「数字で考えるひとの10倍仕事が見えてくる」(講談社)など。
柳井正著「一勝九敗」「成功は一日で捨て去れ」(ともに新潮社)の編集にも携わった。

■日時
2013年12月21日(土)15:00-17:00(終了後、懇親会を予定)
■場所
霞が関ビル33Fセミナールーム(東京都千代田区)
http://www.kasumigaseki36.com/access/
■参加費(懇親会費含む)
MIT-EFJ正会員 1,000円
一般(正会員以外) 3,000円

■主催
日本MITエンタープライズフォーラム(MIT-EFJ)
■協賛
宝印刷株式会社
新日本有限責任監査法人

■参加登録
Facebookをご利用のかたは https://www.facebook.com/MITEFJ/ をクリックして「イベント」を選んで参加登録をお願いします(直接のリンクは、https://www.facebook.com/events/418318658296099/ となります)。

それ以外のかたは sec@mit-ef.jp にメールで、「12月のセミナーM33希望」とお書きのうえ、お名前とご所属をご連絡ください。

【お願い】
最近、参加登録をし、参加できなくなってもそのままほうっておく人が見られます。参加できなくなった場合は一言ご連絡の上、参加を解除くださいますようお願いいたします。エチケット違反であるだけでなく、MIT-EFJのM33は懇親会を含みますので、準備の都合がございます。何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

【プライバシーポリシーについて】
日本MITエンタープライズフォーラム及び協賛・会場スポンサーである新日本有限責任監査法人は、個人情報の管理をプライバシーポリシーに従い管理しております。詳細は下記をご参照ください。
MIT-EFJ:http://mit-ef.jp/contactmain/personal-infomation/
新日本:http://www.shinnihon.or.jp/misc/privacy-policy/index.html

BPCC13結果発表

第13回MIT-EFJビジネスプランコンテスト&クリニック(BPCC13)の結果を発表します。

ストラテジックグロース部門

最優秀賞:株式会社システム・ジェイディー 代表取締役 伊達 博

新日本賞:モーションポートレート株式会社 代表取締役社長 藤田 純一

正会員特別賞:モーションポートレート株式会社 代表取締役社長 藤田 純一

スタートアップ部門

最優秀賞:該当なし

優秀賞:伊都研究所(設立予定)CEO 伊東 謙吾

優秀賞:有限会社BOND 代表取締役 古川 ひろ美

新日本賞:伊都研究所(設立予定)CEO 伊東 謙吾

正会員特別賞:株式会社テンクー 西村 邦裕

以上です。また、審査・発表を行った11社はBPCC13ファイナリストとして認定されました。

11月のM33セミナーは休会です。次回は12月21日(土)となります。

11月のM33セミナーはBPCC13開催のため休会とさせていただきます。

11月9日(土)のBPCC13最終審査発表会にぜひお越しください。

次回のM33セミナーは12月21日(土)となります。よろしくお願いいたします。

ご寄付のお願い
価値ある情報、ネットワーク、教育の提供で社会に貢献します。MIT-EFJの活動に、ぜひ皆様からのご寄付をお願いします。 詳細はこちら
アーカイブ
東北関東大震災義援金
被災された方々の一刻も早い救助・復興を願い、MIT-EFJでは次の活動を支援しております。皆さまからの温かい支援をお願いします。 詳細はこちら