お金借りてる債務者が自己破産したら連帯保証人はどうなるん?

最終更新日 2019年11月13日
こんにちは。債務整理経験者のヤミキン戦士と申します。このページは現役弁護士の協力の元、精査して記事作成しております。

お金借りてる債務者が自己破産したら連帯保証人はどうなるん?

債務者(借りた本人)が自己破産したら連帯保証人も責任を免れることができるのか。

 

残念ながら、主債務者の自己破産、免責は連帯保証人には関係なく、主債務者が支払えなくなったことによって保証人の方に請求がいってしまうことになります。

 

連帯保証人である方は、ほんと腹立たしいのですが、こればかりはどうにもならないんですね。

 

そういう意味では連帯保証人というのは主債務者とほぼ同等の立場に立たされていると言っても良いのであって、「主債務者から迷惑をかけないから名前だけ貸してくれと言われた」とか「付き合いで断れなかっただけだからサインした」などの理由は非情にも債権者に対しては通用しないんです。

 

連帯保証人をつけている債務があるなら自己破産を避けられる方がベターですが、どうしても他の手続きでは無理で、自己破産せざるを得ない状況に陥ることもあります。

 

そのような場合に私たち債務者が連帯保証人に心がけるべきことは、、、

 

とにかく、あらかじめ状況を説明して今後の見通しを伝え、誠実に謝罪、そしてフォローの方法を提示することです

 

とりあえず連帯保証人にいったん支払いをしてもらった上で、免責がおりた後で少しずつ返済していくという方法もあります。

 

破産による免責というのは、「支払いの義務がなくなる」だけですから、「支払ってはいけない」わけではありません。

 

手続き中はもちろん支払えませんが、免責決定の後で任意に返済するのは差し支えありません。

 

やはり今までの人間関係を壊さないためにも誠実な対応が大切です。

 

 

保証人も払えないよ!どうすればいいん?

主債務者が自己破産すると連帯保証人に請求がいってしまいますが、連帯保証人自身も支払えないことが十分考えられます。

 

そのような場合、非情ですが主債務者と同じように何らかの債務整理を検討しなければなりません。

 

分割で支払えるのであれば任意整理や個人再生、それも無理なのであれば主債務者と同様に自己破産しなければならないこともあります。

 

むしろ、全体的に見たら連帯保証人が支払えることの方が少ないかも知れません。

 

消費者金融などは特に、ただ単に請求できる人を増やしたいがために連帯保証人をつけていることも多く、保証人自身の返済能力まであまり考えずに保証契約を結ばせることがあるからです。

 

悪質なケースでは、たまたまその時、店舗に居合わせた他人同士をお互いに保証人にさせる(相保証)ということをしている業者すらいます。(マジです)

 

たとえばよくあるケースとして妻が夫の保証人になっている、しかしどちらとも経済的に破綻している状況なので同時に自己破産したいというものがあります。

 

このような場合、同時に申し立てをすれば共通の添付書類は1通で済みますし、別々に申し立てたら2件分かかる予納金を1件分で済ませてもらえるなど、費用や手間が軽くなるよう裁判所に便宜をはかってもらえることがあります。

 

すべてこのように処理してもらえるとは限らないのですが、柔軟な対応をしてもらえる裁判所も増えているので、申し立てを依頼する弁護士に確認しましょう。

 

連帯保証人が先に自己破産するケースもある

 

連帯保証人が主債務者より先に自己破産を申し立てることもあります。

 

たとえ、まだ主債務者が経済的に破たんしている状態ではなくても連帯保証人自身が同時に他の負債を負っていて破産状態になることもあるからです。

 

連帯保証人の破産手続きの中で、「他人の保証人になっている債務があるか?」というのを申告する欄がありますが、これによって自身が主債務者となっている借り入れと同時に処理されるのです。

 

保証人は、主債務者がまだ破たんしていなければ保証債務を実際に請求されている状態ではないわけですが、だからといって保証債務だけが自己破産後に残ってしまうわけではありません。

 

では、連帯保証人が破産したことにより、主債務者にどのような影響があるのでしょうか?

 

もし、先に連帯保証人が自己破産手続きをとっていたとしても主債務者がこれを必ず知ることができるすべはありませんし、ローンを組んでいる銀行などから知らされることもあります。

 

連帯保証してもらっていた債務については、無保証の債務となるため、債権者から新たな保証人をつけることを要求される可能性があるということです。

 

ですから、両者の信頼関係を保つためにも連帯保証人側はあらかじめ自己破産することを説明しておく方がよいでしょう。

 

ただ、連帯保証人が破産したからといって即、主債務者にとって何か不利なことがあるわけではないため、主債務者が毎月の返済をきちんと行っていれば特に悪影響はないと考えられます。

 

以上、お金借りてる債務者が自己破産したら連帯保証人はどうなるんじゃい?についてでした。

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所は評判どおりとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

 

 

お金借りてる債務者が自己破産したら連帯保証人はどうなるん?関連ページ

自己破産とは?メリット・デメリットを丁寧かつカンタンに解説します
自己破産というのは、借金が支払い不能の状態になった人が自分の財産を手放す代わりにすべての借金の返済を免除してもらえる手続です。
自己破産手続きで免責不許可(自己破産が認められない)になったらどうなるの?
免責が不許可になって自己破産できない場合って、、、どうすればいいの?
自己破産における「同時廃止事件」と「管財事件」ってなんだ?
「同時廃止事件」と「管財事件」の違いについて懇切丁寧に法律に詳しいヤミキン戦士が解説します。
自己破産にもデメリットはあります。配偶者・家族への影響も解説します
自己破産による不利益について解説します。家族にバレるのかクレジットカード・住宅ローン・こどもへの影響・車のローン銀行口座凍結・給料差し押さえなど。
自己破産はできるだけしたくない。向いている人と向いていない人
自己破産はできるだけしたくないと思うこともあるでしょう。ここでは自己破産以外の解決方法や自己破産に向ている人向いていない人を解説したいと思います。
自己破産を弁護士と司法書士に依頼する違いについて詳しく解説!
債務整理を仕事として受任することができるのは弁護士、司法書士だけです。両者はどのような点で違いがあるのか比較してみましょう。
自己破産を弁護士に頼んだ後は何をすればよいでしょうか?
借金整理となると手続きが大変と思われる方もおられると思いますがすることはそんなにありません。
100~200万くらいの少額借金でも自己破産できる?
100万円程度の比較的少額な負債であっても、その人の状況によっては自己破産することができるのです。
無職や専業主婦でも自己破産はできます
>無職の人や専業主婦で無収入の人でも自己破産することができます。
自己破産しても基本的に年金に影響はない
自己破産しても公的な年金(国民年金、厚生年金、共済年金)は問題なく受給することができます。
弁護士に自己破産を頼むと費用はいくらくらいかかりますか?
自己破産を申し立てした時にかかる費用の目安を説明していきます。
自己破産手続きを自分ひとりでやるときの超具体的な流れ
自己破産の手続きは法律的には自分自身ですることもできます。弁護士費用がない方や自分でやる自身のあるカは、自分で手続きをやろうと思われていると思います。管理人からすればほんとすばらしいと思います。ただ実際にやろうと思うと非常に大変です。
自己破産の手続きを自分でするのと弁護士がするのとでは違う?メリット・デメリットについて
自分で自己破産をするのと,弁護士に依頼する違いを説明します。メリットyやデメリットについても詳しく説明するので、かなり参考になると思います。
【実はギャンブルや買い物などの浪費の借金は自己破産できる!】弁護士・司法書士の腕で決まる
実は自己破産できる可能性が十分にあります。いくつかの弁護士・司法書士に問い合わせをした中に、自信を持って「できます」と言っていた事務所があります。
自己破産をしても賃貸マンションやアパート追い出されない。
たとえ滞納が原因で契約解除になっても、新居の審査に通るコツがあります。
自己破産をすると生命保険や学資保険などの保険を解約しなければならない?
自己破産をすると生命保険や学資保険などの保険を解約しなければならない?
自己破産をした場合滞納している税金は払わなくちゃいけない?
自己破産をした場合滞納している税金は払わなくちゃいけない?
自己破産を弁護士にするメリットについて(即日面接制度・個人少額管財手続き)
自己破産にしろ弁護士を立てたほうが債務整理は確実に100%メリットがあります。
一度自己破産したけど2回目の自己破産もできるケースはある
条件として不利になる面はありますが、自己破産して免責を受けられる可能性もないわけではありません。