生活保護を受けた後キャッシングはできるの?

 

 

困ったときのためにキャッシングしたいんだけど・・


 

キャッシングするには、安定した収入があることが審査基準に盛り込まれていますので、審査自体通らないでしょう。仮に通ったとしてもケースワーカに知られてしまうと生活保護が打ち切りになる可能性があります。


 

生活保護を受けながらキャッシングを受けられるのかについては、結論から言うと規定違反にあたりますのでできません。

 

生活保護法では「生活保護受給者は、節約して生活の維持に努めなければならない」と定められており、キャッシングなどで借金を作り生活することは認められていないのです。

 

もしキャッシングでお金を借りたとしても返すあてがないため、返済に行き詰まってしまうでしょう。

 

また本来であれば、返済に行き詰まったときは給与差し押さえなどで金融機関も手を打ちますが、生活保護受給者の場合はそういうことができません。

 

ですから、申し込んだとしても、審査で落とされてしまう可能性があります。

 

運良くキャッシングの審査に通ったとしても、定期的に訪問してくるケースワーカーに、その事実が発覚してしまうと、生活保護自体が打ち切られてしまう可能性もあります。キャッシングの審査に通るほどの収入があると判断されるためです。

 

生活保護受給中は節約に努め、お金が足りないのであれば、足りるように調整することが大切です。

 

また生活保護受給中は、決して働いてはいけないということではありません。

 

きちんと得た収入さえ申告すれば、アルバイトをすることは問題ないのです。

 

アルバイト代は生活保護費から差し引かれますが、ある程度の控除額が付いていますので、ちょっとした足しにはなるのではないでしょうか。

 

生活保護中にキャッシングを受けることはできませんが、しっかりと働いてお金を稼ぐことは禁止されていません。

 

 

【匿名・無料】借金減額診断ツール

 

借金がいくら減るのか60秒でわかる匿名・無料のツールです。

 

借金の総額や借り入れ社数など簡単な情報を入力するだけで、「借金を減額する方法」や「借金減額の可能な金額」を匿名無料で判断してくれます。

 

現実に、どのくらい借金が減るのか知りたい方におすすめです。

 

1分で簡単に診断できる

 

匿名・無料で24時間いつでも診断OK

 

家族や友人にバレない

 

いくらくらい借金が減るかどうか知ることで

 

「払えなくなった時対処できるか」

 

「どれだけ精神的にラクになるのか」

 

がわかるので安心のお守りになります。

 

「定期健診」みたいなものですね。

 

空き時間で「今の状態」がわかるので、いろいろ考える機会にもなると思います。

 

【カンタン60秒】借金減額シミュレーター

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所は評判どおりとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

債務整理の相談窓口はコチラ

 

女性スタッフが対応「アヴァンスレディース」


闇金解決ならウォーリア法務事務所




代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

 

・闇金と知らずに借りた。弁護士に助けてほしい
・闇金だと知っていてもここまで怖いとは思わなかった。相談したい!
・給与ファクタリングを利用してしまった

 

という方はウォーリア法務事務所が完璧に解決してくれます。

 

他の事務所で断られても関係あらへん。

 

闇金と対決してもウォーリアが100%勝ちます。

 

全国どこでも対応。相談無料。

 

ウォーリア法務事務所の解説へ

 

無料相談窓口はこちら

著者,監修者

法律ができればその抜け道をさぐり知識にうとい素人を巧妙に餌食とする悪知恵がはびこるのが常です。

多くの人は法律が守ってくれることを知らず、不当な取り立てに悩まされてしまいます。

貴真面目な人ほど悪質業者の手口の犠牲になりやすいです。

当たり前の権利を知っていただき是非解決してください。

 

【免責事項】

サイト上で表示されている画像や口コミなどは、過去の弁護士や司法書士事務所からの情報を基に掲載しています。これらの情報は時間の経過により変更や削除されていることがありますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。また、掲載内容は予告なく変更される場合や取りやめとなることが考えられます。最新の詳細は、各事務所の公式サイトをご参照いただきますようお願いします。

 

関西大学ファイナンスコースを専攻し卒業。金融を学び、FP2級の資格を持ち、WEBサイトを運営している40代。

 

■参考サイト

経済産業省

日本弁護士連合会

大阪司法書士会

日本司法書士連合会

ヤミ金融対策法の解釈について

 

当サイトに掲載されている弁護士は、日本弁護士連合会、司法書士は、日本司法書士会連合会に登録されています。