高齢で働けないし病気がち。生活保護は受けられるの?

 

 

 

仕事もなく病気がちで働けないんだけど生活保護に頼りたいんだ・・・


 

高齢になると若い頃とくらべてどうしても病気がちになります。働くこともままならず医療費もかかる。生活困窮者と認められれば、生活保護を受け取ることができます。


高齢で病気がちでも生活保護は受けられるの?

生活保護を受けるための条件は主に3つあります。

 

一つ目援助してくれる身内がいないこと。

 

援助してくれる身内というのは原則、一緒に住んでいる身内のことを指します。つまり、一人暮らしで援助してくれる人がいないと判断される場合には、このひとつめの条件はクリアです。

 

二つ目の条件は資産を持っていないことです。

 

ここでいう資産というのはすぐに現金化することが可能な流動性の高い資産のことを意味しています。

 

つまり、銀行口座の預金などがその代表例になります。

 

逆に家や土地を持っていたとしても、このような固定資産は売却して現金化するために数カ月から数年といった長い期間が必要な場合もありますので、持ち家がある人が生活保護を受けられる可能性もあります。

 

三つ目病気やけがで働くことができないと判断される場合です。

 

働くことが困難とされる病気の代表としてはうつ病や骨折、その他の精神疾患などがあげられます。

 

つまり、生活保護は保険などと違ってむしろ病気がちで既往歴があったほうが受けやすいという側面も持っているのです。

 

また、高齢者の方の多くは年金を受給している場合、生活保護が受けられないと勘違いしている方も多いですが、年金を受給している状態であっても生活保護を申請することは可能です。

 

高齢者の場合、生活保護が受けられるかどうかの判断基準は世帯年収が生活保護基準額を下回っているかどうかにあります。

 

この生活保護基準額は一律ではなく、地域によっても変わってきますので、お住まいの地域の金額を調べてみましょう。

 

ただし、年金だけを受給していて資産を全く持っていない状態であれば生活保護はほとんどの場合受給可能です。

 

高齢でもう働けない場合は生活保護は受けられるの?

高齢で働けないという場合、生活保護の受給は可能です。

 

よくある勘違いとして、「年金をもらっているのだから、生活保護は受けられない」というものがありますが、実際は、年金をもらっていても、生活保護は“申請”できるようになっています。

 

しかし、生活保護を受給できるのは、もらっている年金が必要最低限の生活レベルではないと判断されたときのみです。

 

例えば、生活保護基準額を20万円と仮定し、もらえる年金額を10万円だとします。この場合、生活保護基準額を下回っているので、生活保護費が10万円支給されます。仮に、年金が20万円だった場合は、生活保護基準と同額ですので、生活保護は認められません。

 

要するに、生活保護基準を上回る場合は、生活保護を受け取ることはできないのです。

 

ちなみに、年金は収入認定の対象です。

 

そのため、年金と不動産収入などのように、「年金+その他の収入」の合計額が、生活保護基準を下回っている場合にのみ、生活保護の申請が可能になるというわけです。

 

また、生活保護基準を下回っているからといって、だれでも生活保護をもらえるわけではありません。換金できる資産を持っていれば、売却して生活費にあてるように指導されますし、扶養義務者から扶養してもらえる場合は、そちらに手助けを求めることもあります。

 

このように、高齢の方でも生活保護を申請することはできます。働ける場合は働いたほうが良いのですが、高齢になると、なかなか働けないという方も少なくないでしょう。働けない場合は、生活保護を受けられるので、福祉事務所に相談してみましょう。

 

 

【匿名・無料】借金減額診断ツール

 

借金がいくら減るのか60秒でわかる匿名・無料のツールです。

 

借金の総額や借り入れ社数など簡単な情報を入力するだけで、「借金を減額する方法」や「借金減額の可能な金額」を匿名無料で判断してくれます。

 

現実に、どのくらい借金が減るのか知りたい方におすすめです。

 

1分で簡単に診断できる

 

匿名・無料で24時間いつでも診断OK

 

家族や友人にバレない

 

いくらくらい借金が減るかどうか知ることで

 

「払えなくなった時対処できるか」

 

「どれだけ精神的にラクになるのか」

 

がわかるので安心のお守りになります。

 

「定期健診」みたいなものですね。

 

空き時間で「今の状態」がわかるので、いろいろ考える機会にもなると思います。

 

【カンタン60秒】借金減額シミュレーター

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所は評判どおりとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

債務整理の相談窓口はコチラ

 

女性スタッフが対応「アヴァンスレディース」


闇金解決ならウォーリア法務事務所




代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

 

・闇金と知らずに借りた。弁護士に助けてほしい
・闇金だと知っていてもここまで怖いとは思わなかった。相談したい!
・給与ファクタリングを利用してしまった

 

という方はウォーリア法務事務所が完璧に解決してくれます。

 

他の事務所で断られても関係あらへん。

 

闇金と対決してもウォーリアが100%勝ちます。

 

全国どこでも対応。相談無料。

 

ウォーリア法務事務所の解説へ

 

無料相談窓口はこちら

著者,監修者

法律ができればその抜け道をさぐり知識にうとい素人を巧妙に餌食とする悪知恵がはびこるのが常です。

多くの人は法律が守ってくれることを知らず、不当な取り立てに悩まされてしまいます。

貴真面目な人ほど悪質業者の手口の犠牲になりやすいです。

当たり前の権利を知っていただき是非解決してください。

 

【免責事項】

サイト上で表示されている画像や口コミなどは、過去の弁護士や司法書士事務所からの情報を基に掲載しています。これらの情報は時間の経過により変更や削除されていることがありますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。また、掲載内容は予告なく変更される場合や取りやめとなることが考えられます。最新の詳細は、各事務所の公式サイトをご参照いただきますようお願いします。

 

関西大学ファイナンスコースを専攻し卒業。金融を学び、FP2級の資格を持ち、WEBサイトを運営している40代。

 

■参考サイト

経済産業省

日本弁護士連合会

大阪司法書士会

日本司法書士連合会

ヤミ金融対策法の解釈について

 

当サイトに掲載されている弁護士は、日本弁護士連合会、司法書士は、日本司法書士会連合会に登録されています。