【旦那の借金が発覚】100万円ほど内緒で借金してました。

2人目妊娠5ヶ月です。

 

再婚のため、1人目は前の旦那との子供です。

 

結婚して2年目に入ります。

 

年明け前に旦那の借金が発覚しました。

 

残り80万円で少しずつ元金も減っています。

 

が、今まで見たことのなかった過去(結婚前)の通帳を見ると自分の名前(旦那)で100万円が振り込まれており当日に数回に分け50万を引き下ろし、翌日に50万を引き下ろしという謎の記帳がされています。

 

現在も毎月銀行口座からクレジットという摘要で5千円が引き落とされています。

 

旦那が所持していたクレジットカードも40万以上も使われていて自動リボになっていて月1.5万円が引き落とされています。

 

それとは別に消費者金融からの借金を27000円を支払いをしております。

 

全て結婚前のものです。

 

しっかり頑張って支払っていかなければならないのですが、何に使ったのかもわからないのを家計管理をしている側として素直に渡せません。

 

妻としてどこまで聞き出せばいいのか…

 

他にもないか吐き出させるためには…

 

上手く話し合いをするには…。

 

私は短気な部分もあり、1度頭に血がのぼると頭ごなしに話をしてしまいます。

 

私もパートで働いていますが、産後育児でしばらくは働けなくなります。

 

ギリギリの生活になるのも見えています…

 

早く完済したいのはもちろんですが、生活を考えると少し返済額を減らそうかなとも思ってしまいます。

 

旦那さんの借金など頑張って返済されている方、元気をください。

 

 

【匿名・無料】借金減額診断ツール

 

借金がいくら減るのか60秒でわかる匿名・無料のツールです。

 

借金の総額や借り入れ社数など簡単な情報を入力するだけで、「借金を減額する方法」や「借金減額の可能な金額」を匿名無料で判断してくれます。

 

現実に、どのくらい借金が減るのか知りたい方におすすめです。

 

1分で簡単に診断できる

 

匿名・無料で24時間いつでも診断OK

 

家族や友人にバレない

 

いくらくらい借金が減るかどうか知ることで

 

「払えなくなった時対処できるか」

 

「どれだけ精神的にラクになるのか」

 

がわかるので安心のお守りになります。

 

「定期健診」みたいなものですね。

 

空き時間で「今の状態」がわかるので、いろいろ考える機会にもなると思います。

 

【カンタン60秒】借金減額シミュレーター

 

お話の内容があまりに気楽なので、とても心配です。

 

借金する人と仕事で多く接した経験があるのですが。

 

あれは治らない病気です。

 

ご主人も相当ひどい部類だと気付いて下さい。

 

借金は額をどこまで聞いて良いのか?ではなく、一緒に返す気があるのなら、洗いざらい吐かせて下さい。

 

白状した事をうのみにせず、必ず情報開示して裏付け取って下さい。

 

リボは購入額を2倍支払う恐ろしい仕組みです。

 

すぐカードを取り上げて下さい。

 

消費者金融の分は払い過ぎになってないか司法書士等に確認してもらって下さい。

 

謎の記帳は本人にしか分かりませんが、最悪のパターンとして想像するなら、各所への返済に充ててるのでは?

 

すでに自転車操業になっていませんか?

 

短気でも構わないのですが、怒っても借金が減らないので、体調も大事な時期に無駄に体力を使わない方をお勧めします。

 

話をしたくなきゃしなくて良いので、とにかく確認だけはさせましょう。

 

ギリギリの生活どころか、まともな生活が保障出来ない可能性だってあります。

 

返済額減らす前に全容を明らかにしないと自己破産も他人事じゃなくなります。

 

ご主人を怒らせたりもめるのがイヤと仰るかもしれませんが、借金の全容が想像以上だった場合、家庭が崩壊するので、揉めるのが後になるか先になるかの違いです。

 

5ヶ月だとつわりなどがあればキツイと思いますが、ご主人に任せる事が出来ないので、お腹が重くなる前に、出来る限り動いておくのをお勧めします。

 

80万円の残額が減りつつある、というのはごく一部のことかもしれません。

 

100万円が振り込まれたのは、消費者金融からの借り入れだったのかもしれません。

 

クレジットという適用で引き下ろされているのも何らかの返済じゃありませんか?

 

リボ払いも、借金ですからね。

 

信用情報開示してもらったほうがいいです。

 

多分、借金の総額はもっとあります。

 

ギャンブル癖はありませんか?

 

パチンコやスロットの趣味がありませんか?

 

浪費癖はありませんか?

 

頻繁に飲みに行くとかは?

 

上の方も書いていますが、借金癖は、治らない病気です。

 

今回発覚したのは氷山の一角だと思われます。

 

過去にも何度も借金を重ねているはずです。

 

「借金 総額 開示】などのキーワードで検索すれば、どこにどのように請求すれば借金の総額がわかるか調べられます。

 

参照して、総額を確認しましょう。

 

ただし、これは本人しかできないことですので、ご主人とよく話し合って、まずは正直にすべてを話してもらうことです。

 

総額いくらの借金があって、何に使ったのか、それに対してどのように思い、どう返済していくつもりなのかを、冷静に話し合うべきです。

 

頭ごなしに言っても始まりませんからね。

 

冷たく、低い声で話すことを心がければ、多少は落ち着けるかもしれません。

 

もし、ご主人が情報開示を拒絶するのであれば、それは、多額の借金がある、ということと同じ意味だと思って下さい。

 

もう、妻に言えるような状態ではない、ということだと。

 

これからどうすべきかは、総額と用途によります。

 

ですが、私としては、残念ながら、そのご主人との未来は良いものではないとしか思えません。

 

再婚だということで、たいへんお気の毒ではありますが、離婚も視野に入れつつ話をすべきだと思います。

著者,監修者

法律ができればその抜け道をさぐり知識にうとい素人を巧妙に餌食とする悪知恵がはびこるのが常です。

多くの人は法律が守ってくれることを知らず、不当な取り立てに悩まされてしまいます。

貴真面目な人ほど悪質業者の手口の犠牲になりやすいです。

当たり前の権利を知っていただき是非解決してください。

 

【免責事項】

サイト上で表示されている画像や口コミなどは、過去の弁護士や司法書士事務所からの情報を基に掲載しています。これらの情報は時間の経過により変更や削除されていることがありますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。また、掲載内容は予告なく変更される場合や取りやめとなることが考えられます。最新の詳細は、各事務所の公式サイトをご参照いただきますようお願いします。

 

関西大学ファイナンスコースを専攻し卒業。金融を学び、FP2級の資格を持ち、WEBサイトを運営している40代。

 

■参考サイト

経済産業省

日本弁護士連合会

大阪司法書士会

日本司法書士連合会

ヤミ金融対策法の解釈について

 

当サイトに掲載されている弁護士は、日本弁護士連合会、司法書士は、日本司法書士会連合会に登録されています。